IT

MacでPython2.xをアンインストールかPython3.xに切り替えかに悩んで超絶時間を費やしてしまった件について

珍しくプログラミング関係の記事を書きたいと思います。
これ絶対悩んでる初心者ユーザー多いんじゃないのかと思ったので。

タイトルの通りなのですが、Macにはpython2系が標準装備されています。

しかしだいたいは3系を推奨していると思いますし使い勝手や読み物の多さからも3系をダウンロードする人が多いことでしょう。

今回作りたいものに必要なフレームワークが現在使用しているフレームワークでは無理だということになったので3系をデフォルトにしたかったのですが、2系をアンインストールするか切り替えにするかで切り替えにしたところ、多いにつまずきましたのでシェアします。

何回やっても

$ python -V

Python 2.7.

と出たので頭がゆでダコになりました。笑

1.まずは一応バージョンの確認。

python -V

python2.xでかえってきたら3系をダウンロードしましょう。

2.Xcodeダウンロードしてなかったら先にしてくださいね。
ダウンロードが終わったらCommand Line Toolsも入れましょう^^

xcode-select –install

3.Homebrewインストール

Homebrewは何かと便利です。brewdoctor(導入エラーチェック)がなんか好き。笑

/usr/bin/ruby -e “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)”

正常にインストールされてるか確かめます。

brew -v

インストールされてたらバージョンが返ってきます!

4.pyenvをインストール

python環境を管理できるツール。これを入れておくと複数のバージョンのインストールと切り替えが簡単にできるそう。

brew install pyenv

[the_ad id=”342″]

5..bash_profileの編集

私はここで引っかかった。

ls -la

で確認した時、確かにそこに.bash_profileは存在した。

なのでなんだあるじゃないか、楽勝楽勝♪と調子に乗ったのである。

ここから

pyenv -l

(↑インストール可能なバージョンの確認)

pyenv install 3.7.0

(↑インストールしたいバージョン)

pyenv global 3.7.0

(↑実際に使える状態にする)

と一気に進めて最後のversion確認。

python -V

python2.7

・・・・・・・・・・・なんで?

なんでなんでなんでーーー???

なんとなく雰囲気的に.bash_profileのところな気がしたので再度確認。

ひたすらググったところどうやらPATHだなという感じがしたので
.bash_profileにこれらを追記↓。

export PATH=”$HOME/.pyenv/shims:$PATH”

source .bash_profile

一応PATHが通っているか確認。

echo $PATH

そして再度pyenvからインストール。

最後のバージョン確認。

python -V

Python3.7.0

返ってきた(´∀`*)
無事に3.7にすることができました。
この達成感が気持ちよすぎてやめられそうにないです。

皆さんも素敵なPython生活もといプログラミング生活を送りましょう。