グルメ

低糖質・高タンパクの食事で4kg痩せました

低糖質高タンパクの食事で4kg痩せました

最近耳にすることが増えたんじゃないでしょうか。
低糖質・高タンパクの食事。
果たして本当に痩せるのでしょうか。

食事は栄養を摂るためのもの

食事は目で見て楽しみ、味を感じて楽しむものだと思ってましたが、それが大きな間違いでした。
栄養を摂るためのものです。
厚生労働省によるとタンパク質の成人の1日摂取量の目安は

推定平均必要量算定の参照値(g/kg 体重/日)=たんぱく質維持必要量÷消化率=0.65÷0.90=0.72
推定平均必要量(g/日)=推定平均必要量算定の参照値(g/kg 体重/日)×参照体重(kg)
推奨量(g/日)=推定平均必要量(g/日)×推奨量算定係数

とされています。
なんか難しいですよね。

とりあえず
体重Kg✖️1.0gと覚えてください。

参考:厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000042630.pdf


卵は1個6gなので卵だけでタンパク質を摂ろうとすると体重50キロの方であれば9個食べないといけません。
卵9個って想像したらちょっとオエっとなりませんか?私は無理です。
そこでおすすめがプロテインでタンパク質を摂取することです。

プロテインは筋肉をつけるだけじゃない

プロテインと聞くと、ムキムキの筋肉が頭に思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。
プロテインは筋肉をつけるためだけのものではありません。
低糖質高タンパク食を始めるにあたってとても重要なアイテムです。
飲むだけで簡単にタンパク質が摂取できるので、多く食べれない方にはおすすめです。
一方で食べ過ぎてしまう方は、食事だけで摂取すれば良いですし、プロテイン併用でもいろんな味があるので飽きたら別の味に変えることもできます。
私はいろいろ試しましたが今はミルキーで落ち着いています。

多分ここが一番安いです。



糖質の何が良くないか

糖質が良くないというより、糖質の食べ過ぎが良くないです。
とはいえ、いきなり全く糖質を摂らない食事に変えるのは無理だと思います。
私は1食で摂る糖質量を20gに抑えました。
これは白米であればお茶碗1杯120gとなります。
最初は少ないな〜と思いつつ、十六穀米も導入し、糖質を徐々に徐々に減らしていきました。

そして私は、ここぞという頑張りたい時のチョコレートはやめていません。
糖質も味方につければ怖くないのです。

1ヶ月で4キロ痩せた

実は私も相方もちょっとおデブです。
ですが、白米を十六穀米に変更し、1食につきお茶碗1杯120gを徹底したところ、2人とも4キロ痩せました。
間食は基本チーズかナッツかゆで卵、週1回金曜日はお菓子を食べて良いことにしています。
糖質が抜けてくるにつれ、体が軽くなってくるのがわかるので、お菓子を見てもいらないなぁとなります。
(私の場合、チョコレートは別)
また、同時にメガビタミンも導入しているのですが、それはまた別の記事で。

低糖質高タンパクは痩せる

体に良い、悪いという評価よりも、高タンパク低糖質は痩せます。
運動よりも食事なんだなと思いました。
太る原因は糖質の過剰摂取だということもわかりました。

手軽で美味しい食事は糖質の塊です。
マクドナルド、牛丼、菓子パン
これらを全く口にしなくなりました。

低糖質高タンパクの食事が自宅に届く!

こちらのnosh(ナッシュ)さんは、1週間に1回or2週間に1回or3週間に1回のペースで自宅に届けてくれます。
しかも!よくある調理しないといけない宅食ではなく、冷凍するだけで食べれます。
買い物に調理や片付けの時間を省くことができるのは大きなメリットです。
超おすすめです!!!

しかもなんと!!!
スイーツもあるので本当にオススメなんです。
是非一度食べてみてください。