心と身体

自殺は法律で禁止されている?

自殺は法律で禁止されている?

先日、病院で主治医が「自殺は法律で禁止されている」とおっしゃっていたのですが、そんな法律聞いたことない・・・と思ったので調べてみることにしました。

自殺・自死は刑法では禁止されていない

結論からいうと、自殺・自死は刑法では禁止されていません。
ただし自殺企図者を幇助して死に至らしめた者は第202条で罰せられます。

人を教唆し若しくは幇助して自殺させ、又は人をその嘱託を受け若しくはその承諾を得て殺した者は、6月以上7年以下の懲役又は禁錮に処する。

刑法第202条

この”人を教唆し”というところがポイントなんですが、教唆とは辞書によるとおだててそそのかすこと。法律で、犯罪を行おうと思うように他人にし向けることであり、ここでいうとその人が自殺をしようと決意させることに当てはまると私は解釈しました。

ちなみにこちら刑法第202条の自殺教唆罪の法定刑は、「6月以上7年以下の懲役または禁錮」とのこと。

ちなみに現時点の日本で安楽死が施行された場合は嘱託殺人罪になります。
この嘱託殺人はどういう意味かというと人の嘱託を受けてその人を殺害することで「安楽死したいです」「はい」と言ってその方の人生を終わらせてしまうのは嘱託殺人にあたるのですね。

同意殺人罪というのもありますが、行為者が被害者に対し殺害の申し込みをしたところ、被害者がこれに同意・承諾した事を受けて殺害した場合に承諾殺人罪(同意殺人罪)となるそうです。

そんな人おるんか?ってなりましたがおるんでしょう。